今冬2度目 医療・調剤機器の展示会へ行きました

医療機器展示会 大阪

2月15日に医薬品卸大手のA社主催で、医療機器・調剤機器など60社近くの企業・団体が参加した医療関係者向けの展示会が大阪市内で行われたので、見学に行ってきました。

対象は医院・病院、調剤薬局で、会場には医師、薬剤師をはじめ、その関連スタッフなど関係者が来場していました。

この会場にはメインの画像診断・検査機器をはじめ血液・検体検査関連機器、調剤機器、IT関連機器、リハビリ機器、施設設備関連機器、栄養食品、医療材料・衛生材料、白衣・ユニフォーム、経営サポートなど、それぞれの関係企業がブースを設け展示・説明が行われていました。

医療機器展示会 大阪

調剤の分野では、散薬・錠剤分包機、一包化錠剤鑑査機、全自動PTP払出機、さらに保険調剤に欠かせないレセプトコンピュータ、電子薬歴などのソフトを中心に最新の情報が展示されていました。中には、患者さんに家庭で薬をきちんと服用してもらえるようにその手助けをする服薬支援ロボもありました。

また、同会場の一角にはセミナー会場も設けられ、14日(土)と15日(日)に分けて、スマホ時代に適したホームページの作成術、電子カルテ時代に適応した事務スタッフの養成方法、医療機関での介護報酬改定対応戦略、更には税制改正を見据えた事業継承・相続対策などの講演も行われていました。

調剤薬局にとって、衛生材料など進んでいる現物を見ることもでき、また最新の先端機器類、時代に適した医療機関の経営に関する幅広い情報の入手もできる貴重な機会です。

日々街の薬局として業務に携わっている一方で、時には実際の機器や最新の情報に接するのも重要です。

Pocket

今冬2度目 医療・調剤機器の展示会へ行きました」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 服薬支援ロボがやって来た | チカタ薬局ブログ 京都三条会商店街内の調剤薬局

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です