岡山の中学生が自主研修で来店

チカタ薬局に中学生が来訪

11月19日(木)の午後、岡山県立操山中学校の2年生男女各2名がお薬手帳をテーマとした研修のために来店、管理薬剤師らが質問にお答えしました。

同中学校では2年生に総合的な学習の時間「未来航路プロジェクト」があり、「日本を知ろう」のテーマのもと各自で課題を設定し追及しているとのこと。

あらかじめその趣旨と提言・質問内容が伝えられていましたので、こちらも準備を整えました。

お薬手帳の中でも「電子お薬手帳の研究」に的を絞り、

1.マイナンバーに保険証とお薬手帳の内容を入れてはどうか。
2.腕時計のように腕につけお薬手帳の役割を果たすものを作ってはどうか。
3.電子お薬手帳を使用してどのような効果があったか。

このように3点の提言と質問に対し、こちらからそれぞれご説明をしました。

チカタ薬局に岡山から中学生が来訪

また、来店されてすぐに、電子お薬手帳の実際の使い方をお見せし、皆さんは自分の薬をもらうことがなくても、どのようなものなのかを知ってもらう機会でもありました。

この日は当店に来店前に大手製薬会社の研究部門にも訪れ、薬の研究開発について学ばれてこられました。また、この日は京都で一泊後、翌日は能を鑑賞されるなどの予定とのことでした。

チカタ薬局への訪問が学習のお役にたてればたいへんうれしいです。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です