クラスAの健康情報紙「LIFE」より 眠りの3原則

健康情報誌 LIFE

チカタ薬局ではご来店の方々へ、クラスAの健康情報紙「LIFE」に掲載されている健康情報をお届けしています。

先月の「LIFE11月号」では、「眠りの3原則」が取り上げられています。

その3原則とは、以下のようになっています。

  1. 眠気とうまく付き合うべし
  2. 光を上手に利用すべし
  3. 体温をうまくコントロールすべし

眠りの3原則

1.眠気とうまく付き合うべし
 眠気の生体リズムには二つの山があり、午前2時~4時頃と午後1時~3時頃に強い眠気が生じます。昼食後や、体を動かしたり脳を使った日の眠気は、むしろ健康の証。その眠気を上手に使いましょう。

2.光を上手に利用すべし
 人間は昼行性動物で、基本的には日中が活動期(覚醒)、夜間が休養期(睡眠)となります。この覚醒と睡眠に深く関与しているのが光です。光を上手に活用することが快眠につながります。

3.体温をコントロールすべし
体の内部の体温(深部体温)が下がると、脳から眠くなるよう指令が出て、眠るときにはさらに深部体温が下がります。体温をコントロールすることで、眠気を誘うことができます。

この3原則に加え、さらにこだわる快眠術として

● 心地よい寝具を揃える、
● 強力な味方、快眠グッズ

があります。

詳しくは同情報紙LIFE 11月号をご覧ください。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です