月別アーカイブ: 2016年5月

地ビール祭り、暑い中でも最高の人出

京都三条会商店街 地ビール祭2016

 2016年5月15日(土)に開催された「地ビール祭京都2016」は、好天のうえ気温も初夏並みまで上がり、約2万の人出とのことでした。

 全国から35の製造所が集まり、三条会商店街のアーケード内にそれぞれが販売のブースを設け、開始の昼過ぎ12時半から終了の夜8時まで多くの人出でにぎわいました。

三条会商店街 地ビール祭2016

 京都地ビール祭実行委員会が主催で、三条会商店街が共催の形となっています。たくさんのおつまみは三条会商店街の食料品を扱うお店が販売、そこにこの日だけの「おつまみやさん」も加わりました。

 参加したメーカー(製造所)は北は岩手から南は四国の愛媛まで35社、またビール名は未定も含めて160銘柄が勢ぞろいしました。地ビールの購入は一杯400円のチケット制で、あらかじめちょっとお得な前売り券を購入するか、当日なら決められたチケット販売所で購入の手間が必要でした。

 メインの会場は全長約800mのアーケードの中にあるため、たとえ雨天でも決行なので天候を気にすることもなく、また、三条公園ではライブやパフォーマンスもあり、ビール片手の多くのお客さんが集まりました。

京都三条会商店街 地ビール祭2016

 三条会商店街で開催される地ビール祭は今年で5年目を迎え、販売された地ビールは5万杯にもなりました。

参加醸造所は地元京都からは京都麦酒、京都町家麦酒、京都一乗寺ブリュワりー、京都一乗寺ブリュワリーの4社。京都以外の県では岩手、富山、埼玉、神奈川、千葉、山梨、長野、静岡、愛知、滋賀、大阪、和歌山、兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、愛媛となっています。

 また、この日のボランティアスタッフ総勢150名ほどが赤いTシャツで、チケット販売、お客さんの整列案内、販売の補助などで活躍しました。

京都三条会商店街 地ビール祭2016

OTC医薬品販売 外国人向け「翻やくん(ほんやくん)」トライアルで当店に登場

OTC医薬品販売外国人コミュニケーションBOOK 翻やくん

OTC(一般用医薬品)を求めに来店する外人さんとのコミュニケーションを少しでもスムーズに取れるようにと、「翻やくん」という機器を4月下旬の1週間だけ試験導入しました。

http://emil-jp.com/otc-book/

OTC医薬品販売外国人コミュニケーションBOOKで外国人対応を|株式会社エニイクリエイティブ

それは商品名「翻やくん」と呼ばれるデジタルペンで、当店の薬剤師が直接テキストを開きながら、そのペンを使い「質疑応答」方式で、患者さんの症状を聞き出し、アレルギーや副作用の経験も確かめたうえで、商品を選び、説明し、納得を得て販売するものです。

一番の売りは『主要14か国語』に対応していることです。日本語を基準に、アメリカ英語、イギリス英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語(北京語)、中国語(広東語)、韓国語、タイ語、ベトナム語、タガログ語(フィリピン)、インドネシア語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)と言葉で、ある一定の会話ができ、一般薬の選薬につなげるとともに、飲み方などの使い方、服薬の注意点や、場合によってはお医者さんにかかるよう「受診勧奨」も行うもので、お客さんの答えにより、こちらの薬剤師が判断していくものです。ちなみに、言葉はテキストにある国旗を指さしてもらえば決まります。

長さ10センチ弱、直径3センチほどの「デジタルペン}と呼ばれる小型のマイク兼スピーカーを使い、その先端をテキストにある該当質問に触れると、そのまま決められた答えや質問がネイティブスピーカーによる外国語のことばで聞こえてくるというものです。お客さんはそれを聞いて「YES、NO」で答え、それにより答えを導き出します。

OTC医薬品販売外国人コミュニケーションBOOK 翻やくん

ここでは薬剤師は本来の薬学面での知識で適切に判断し、外国人のお客さんに対する質問を次に進めて行きます。

この商品はOTC医薬品販売「外国人コミュニケーション」というものです。

販売元:株式会社エニイクリエイティブ(東京都新宿区)
企画・編集:有限会社メディカルマネジメントサービス社(東京都中央区)
価格:税別70000円