地元紙記者取材に、中学生が商店見学でそれぞれ来店 

チカタ薬局 新聞取材

9月20日(火)午後、地元新聞社の記者が取材に来店されました。この日はあいにく台風16号が接近し、雨風が強くなりかけたころでした。

新聞記者さんから主に認知症の早期発見や必要な支援に関連する薬剤師の役割、「かかりつけ薬剤師」の果たすべき役割などについて、当店管理薬剤師が取材を受けました。

チカタ薬局 仕事体験

また翌日21日(水)の午後には、島根県松江市立本庄中学校の女子生徒さん1名が約2時間、商店の経験を目的に来店し、商品の陳列整理や値札ラベルの貼付をしてもらい、短い時間でしたが商店のバックヤード的な仕事の一部に触れてもらいました。

当店は創業約約80年であること、常に地元の住民の皆さんがお客さんであり、処方箋による調剤を中心に、一般用医薬品などの販売も行い、患者さんに最も近い位置にあること、また最近ではアジア・ヨーロッパ・アメリカを中心に海外からのお客さんが来店されていることなどもお話し、商店街の中にある地元密着型の薬局業務の一端を見てもらいました。

なお、この生徒さんからは後日、丁重なお礼状を頂きました。

府民・市民向け講演会の開催予定

秋のこのシーズン、9月から11月にかけて、健康、医療、くすりなどをテーマに広く府民・市民のみなさん向けの展示会、講演会が開催されます。

すでに行われましたイベント

子育てファミリーが健康で働き続けられる社会をつくりましょう

1.10月2日(日)京都・健康と福祉のひろば 入場無料  
    午前10時~午後4時 京都市勧業館みやこめっせ1階(第2展示場)
    副題「子育てファミリーが健康で働き続けられる社会をつくりましょう」
    イベントコーナーでは、それゆけアンパンマンショー 11:30~、14:00~
               親子で一緒に楽しくバレエ体操10:40~11:10
               講演会 本庄かおり大阪大学大学院医学系研究科特任准教 12:40~14:50
               お楽しみ抽選会 15:30~16:00
   ブースエリアでは   ブースイベント
              親子で絵本にふれあう
              飲食コーナー グルメキッチンカー来場
              遊んで育つ親子の遊びのひろば
    問い合わせ 京都府医療推進協議会事務局(京都府医師会館内 電話354-6101)
    主催は京都府医師会など、後援は京都府、京都市など

これから開催されるイベント

健康長寿に向けた「健康食品(保健機能食品など)」の正しい選び方
 
2.10月28日(金) 健康長寿に向けた「健康食品(保健機能食品など)」の正しい選び方
   時間は14時~16時、会場はメルパルク京都6階「貴船」JR京都駅中央口 東へ徒歩2分
   定員200名 多数の場合は先着順となります。申し込みはファックスまたはEメールで。
   ファックス番号 075(612)3357 
           hokanken-shomu@pref.kyoto.lg.jp

主催の京都府保健環境研究所は、府民の皆さんの安心・安全や健康の保持・増進のため、各種の試験・検査や調査・研究業務を行っています。

   講演は3つ
  (1)サントリーにおける食と健康に関する取り組み
      演者は、サントリーウエルネス(株)健康科学研究所・部長 伊地智 節 氏
  (2)「健康食品」の正しい選び方・使い方―「健康サポート薬局」制度がスタート―
      演者は、(一社)京都府薬剤師会 理事 妹尾 波枝 氏
  (3)「くすり」の検査などへの取り組み-保健環境研究所の業務紹介ー
      演者は、京都府保健環境研究所 理化学課長 浅井 紀夫 氏

3.10月30日(日)第43回くらしと健康展
くらしと健康展

4.11月23日(水・祝)長く健康で過ごしたい 街の薬局は健康寿命時代の強い味方です
長く健康で過ごしたい

最新の機器など M社の医療フェア開催

総合医療展

7月16日(土)17日(日)の両日、医薬品卸M社主催の総合医療展がJR大阪駅北のグランフロント大阪北館内で行われました。

展示は、「リハビリ関連機器」「画像診断・検査・治療機器」「IT関連機器」「受付・待合・医療施設関連商品」「調剤機器」「診療材料・医療衛生材料」「医薬品メーカー関連」「POC・検査試薬」の各コーナーに分かれ、それぞれ最新の機器類などが並び、医師、歯科医師、薬剤師、看護師など医療関係全般の来場者が、それぞれのブースを訪れていました。

また、特徴がみられたのは、「快・適・病・棟」コーナー、在宅体験・相談コーナーといった医療の最前線を意識した企画。病室の「準個室化」と最新の「感染対策で患者に安心感を与える」というもの。

医療機器展示会

薬局ゾーンでは、モバイル薬歴・服薬支援ロボット、在宅用衛生材料、在宅服用グッズ、創傷被覆材、経腸栄養製品が展示されていました。

在宅個室ゾーンでは、在宅ベッド、介護支援ロボット、車椅子、吸引器などがありました。

展示の横ではセミナーも行われ、「医師から見た『かかりつけ薬剤師』の課題と展望」と題して医師の狭間研至先生よる講演、医療訴訟に関連して弁護士の本村健太郎氏の講演、調剤薬局にも密接に関係するテーマの「都道府県が策定する地域医療構想と医療費適正化計画などについて」と題して医療コンサルタント会社代表の仲野 豊氏の講演、ヒューマンエラー対策として「航空会社の行うヒューマンエラー対策について」は航空会社の担当者からの講演などが行われました。

 家族向としてKIDSコーナー、おもてなしコーナーもありました。

ペッパー君もいつの間にか進化していましたよ。

医療機器展示会

秋のイベント開始 こども抽選会とミュージックフェスタ

三条会商店街 秋の子供祭り

9月に入り、三条会商店街の秋のイベントがスタートしました。

こども抽選会

9月3日(土)の午後2時30分から、子供たちお待ちかねのこども抽選会が三条公園で行われました。

三条会商店街 こども抽選会

三条会リボンスタンプを「こどもちゅうせんかい専用台紙」に貼って1回抽選か、いつもの台紙に貼ると3回抽選できるものです。賞品はプレステ、おもちゃ、タブレット、お菓子、ジュースなど、子供たちで賞品を選べることも大きな魅力のようです。

三条会ミュージックフェスタ

また、先の予告ですが9月24日(土)午後には「三条会ミュージックフェスタ」が行われます。会場は商店街の3か所で、開催時間は午後3時から8時まで、入場無料。

「三条会ミュージックフェスタ」出演は次の通りです

祇園篠笛倶楽部(篠笛)
Cia0(ギター弾き語り)
Kosmos&Klat(ジャズ&ブルース)
MinT(クラリネット&ヴァイオリン)
同志社大学軽音楽部(軽音)
摂南大学ジャズクラブ同好会NOJ
ふら~っとホームバンド(ジャズピアノ&ヴァイオリン)
門松良祐(ギター弾き語り)

会場は ⓵商店街事務所前、⓶三条公園、⓷現代警備前の3か所に分かれて行われます。多くが会場と時刻を変えて2回は演奏があり楽しめそうです。

このうちふら~っとホームバンドはピアノの父とヴァイオリンの娘との共演です。

なお、当日の天候によっては三条公園での予定分だけは三条会商店街の中に移動します。

暑い中大勢のご来場 三条会商店街 七夕夜市

三条会商店街 七夕夜市

 今年の三条会商店街「七夕夜市」は7月2日(土)夕方5時から9時まで行われ、いつものように多くの子供たちや家族連れでにぎわいました。

 当店の所属する「御供会(おんともかい)」ブロックでも、午後2時から夜店の設営準備に取り掛かり、3時頃までに用意が整いました。

まだ陽の高いうちに準備を終え、午後5時の開始を迎えるのみとなりました。

三条会商店街 七夕夜市 準備完了

 綿菓子、ヨーヨー釣り、サワガニ釣り、金魚すくい、スーパーボールすくいの5店が並び、1回100円。今回も当日のみ有効の100円金券が発行されていました。

三条会商店街「七夕夜市」各店の様子を写真でご覧ください。

綿菓子は多くの皆さんの来店で、休む暇もありませんでした。

三条会商店街 七夕夜市 綿菓子

ヨーヨー釣りは好評で、いつも早めに終了します。

三条会商店街 七夕夜市 ヨーヨー釣り

サワガニ釣りは時間制で実施しました。

三条会商店街 七夕夜市 サワガニ釣り

スーパーボールすくいはゲットした個数に応じて持ち帰りできます。

三条会商店街 七夕夜市 スーパーボールすくい

三条会商店街 2016年七夕夜店は7月2日(土)開催

三条会商店街七夕夜市 スーパーボールすくいを楽しむ子どもたち

2016年の三条会商店街「七夕夜店」は、7月2日(土)午後5時から9時まで行われます。

各個店とは別に「御供会(おんともかい)」グループとして5店舗出店します。綿菓子、サワガニ釣り、金魚すくい、ヨーヨー釣り、スーパーボールすくい。

 このほか各個店が独自で店を出して、かき氷やお菓子をはじめ焼き魚などの食べ物・飲料、更にアクセサリーや袋物など様々な夜店が並びます。

 子供たちの楽しみの夜店が並び、毎年多くの人たちが訪れます。当日は2万人くらいの人出が予想されますので、特に小さなお子様には十分ご注意願います。

三条会商店街 金券

三条会商店街が発行している当日のみ有効の「50円金券」です。リボンスタンプを30枚貼ると50円金券にもなります。現金もOKです。

三条会商店街七夕夜市の様子

2015年の三条会商店街「七夕夜店」の様子です。ご覧の通り、たくさんの人で賑わいました。

昭和40年代後半頃 夏の三条会商店街

こちらの古い写真は、昭和40年代後半頃の夏の三条会商店街です。七夕の飾りが見えます。

見てきました 介護用品ショールーム

三笑堂 介護用品ショールーム

 京都市南区にある介護用品が展示されているショールームを見学してきました。

 ここは三笑堂(さんしょうどう)の「セレクションスペース笑顔」というショールームで、介護に関するあらゆる商品がバリアフリーのゆったりした広いスペースに展示され、実際の商品を見て、商品情報を得たり、使用方法を教えてもらえるのはもちろん、さらに購入、予約することなどもできるところです。

三笑堂 介護用品ショールーム

 たとえば、歩行器などは実際に試しに押してみることもできるので、パンフレットだけで選ぶより現物、実感、実地の実践型といえます。

 展示コーナーは、大きく次のように分かれています。

○ 歩行器・車いす・・・試乗ができるので身体状況に合った器具が選べる
○ 生活用品+ストーマ装具・・・おむつや栄養補助食品など生活に役立つ介護用品
○ 杖 ・・・おしゃれで機能性の高い杖が多数展示
○ 靴 ・・・ 最新の足形測定器でサイズを計測 
○ 医療機器・・・在宅介護用の医療機器
○ 介護ベッド ・・・ベッドの機能。
○ 住宅改修・・・住宅の改修やリフォーム
○ ストマ相談室・・・ストマ用装具の相談

三笑堂 介護用品ショールーム

場所;京都市南区上鳥羽北塔ノ本町2  SMGビル1階
営業時間;10時から17時(日曜は15時まで)
定休日は祝日。
電話フリーダイヤル0120-77-4339

三笑堂 介護用品ショールーム

日本語学校生3名が研修で来店

チカタ薬局 日本語学校の学生さん

5月31日(火)の午後、日本語を学ぶ外国人の学生さん3名が当店に来店し、約1時間半にわたってチカタ薬局のこと、地域のお客さんのことなどについて質問をいただきました。

もちろん日本語学校生ですから、すべて日本語だけのやり取りでした。

学生さんからの質問内容ですが、一番よく売れるお薬は何か、処方箋のお客さんと一般薬のお客さんの割合はどれくらいか、大型店と比べて小型店の強みはどのような点か、創業何年か、お薬がインターネットで買えることとの比較、赤ちゃん用品はありますか、どの地区のお客さんが多いか、これまで最も大きな(困難)な問題は何でしたか、外人のお客さんはアジアが多いですかどこが多いですか、ドラッグストアとの違いは何ですか、といった内容。いずれも予め情報収集し、質問内容を打ち合わせして来店されたようです。

今回当店を訪れたのは台湾2名、マレーシア1名で、将来は何か日本語が生かせる道に進みたいようでした。写真は店内で学生さんたちと話をしているところです。

チカタ薬局 日本語学校の学生さんが調査に来店

このほか三条会商店街の10店舗が30名の学生さんを3人づつ受け入れました。その内訳は台湾、マレーシア、タイ、韓国、シンガポール、イギリス、フランス、アルゼンチンでした。

この学校は、学校法人瓜生山学園京都文化日本語学校で、昨年12月15日にも当店に3名の学生さんが来店してくれました。

その後年明けにはその3名の学生さんから直接御礼の手紙や、さらに3月には「調査発表プロジェクト」と題する全体の報告書もいただきました。
京都文化日本語学校 調査発表プロジェクトとお礼の手紙

京都文化日本語学校 調査発表プロジェクト チカタ薬局

地ビール祭り、暑い中でも最高の人出

京都三条会商店街 地ビール祭2016

 2016年5月15日(土)に開催された「地ビール祭京都2016」は、好天のうえ気温も初夏並みまで上がり、約2万の人出とのことでした。

 全国から35の製造所が集まり、三条会商店街のアーケード内にそれぞれが販売のブースを設け、開始の昼過ぎ12時半から終了の夜8時まで多くの人出でにぎわいました。

三条会商店街 地ビール祭2016

 京都地ビール祭実行委員会が主催で、三条会商店街が共催の形となっています。たくさんのおつまみは三条会商店街の食料品を扱うお店が販売、そこにこの日だけの「おつまみやさん」も加わりました。

 参加したメーカー(製造所)は北は岩手から南は四国の愛媛まで35社、またビール名は未定も含めて160銘柄が勢ぞろいしました。地ビールの購入は一杯400円のチケット制で、あらかじめちょっとお得な前売り券を購入するか、当日なら決められたチケット販売所で購入の手間が必要でした。

 メインの会場は全長約800mのアーケードの中にあるため、たとえ雨天でも決行なので天候を気にすることもなく、また、三条公園ではライブやパフォーマンスもあり、ビール片手の多くのお客さんが集まりました。

京都三条会商店街 地ビール祭2016

 三条会商店街で開催される地ビール祭は今年で5年目を迎え、販売された地ビールは5万杯にもなりました。

参加醸造所は地元京都からは京都麦酒、京都町家麦酒、京都一乗寺ブリュワりー、京都一乗寺ブリュワリーの4社。京都以外の県では岩手、富山、埼玉、神奈川、千葉、山梨、長野、静岡、愛知、滋賀、大阪、和歌山、兵庫、鳥取、島根、岡山、広島、山口、愛媛となっています。

 また、この日のボランティアスタッフ総勢150名ほどが赤いTシャツで、チケット販売、お客さんの整列案内、販売の補助などで活躍しました。

京都三条会商店街 地ビール祭2016

OTC医薬品販売 外国人向け「翻やくん(ほんやくん)」トライアルで当店に登場

OTC医薬品販売外国人コミュニケーションBOOK 翻やくん

OTC(一般用医薬品)を求めに来店する外人さんとのコミュニケーションを少しでもスムーズに取れるようにと、「翻やくん」という機器を4月下旬の1週間だけ試験導入しました。

http://emil-jp.com/otc-book/

OTC医薬品販売外国人コミュニケーションBOOKで外国人対応を|株式会社エニイクリエイティブ

それは商品名「翻やくん」と呼ばれるデジタルペンで、当店の薬剤師が直接テキストを開きながら、そのペンを使い「質疑応答」方式で、患者さんの症状を聞き出し、アレルギーや副作用の経験も確かめたうえで、商品を選び、説明し、納得を得て販売するものです。

一番の売りは『主要14か国語』に対応していることです。日本語を基準に、アメリカ英語、イギリス英語、フランス語、ドイツ語、ロシア語、中国語(北京語)、中国語(広東語)、韓国語、タイ語、ベトナム語、タガログ語(フィリピン)、インドネシア語、スペイン語、ポルトガル語(ブラジル)と言葉で、ある一定の会話ができ、一般薬の選薬につなげるとともに、飲み方などの使い方、服薬の注意点や、場合によってはお医者さんにかかるよう「受診勧奨」も行うもので、お客さんの答えにより、こちらの薬剤師が判断していくものです。ちなみに、言葉はテキストにある国旗を指さしてもらえば決まります。

長さ10センチ弱、直径3センチほどの「デジタルペン}と呼ばれる小型のマイク兼スピーカーを使い、その先端をテキストにある該当質問に触れると、そのまま決められた答えや質問がネイティブスピーカーによる外国語のことばで聞こえてくるというものです。お客さんはそれを聞いて「YES、NO」で答え、それにより答えを導き出します。

OTC医薬品販売外国人コミュニケーションBOOK 翻やくん

ここでは薬剤師は本来の薬学面での知識で適切に判断し、外国人のお客さんに対する質問を次に進めて行きます。

この商品はOTC医薬品販売「外国人コミュニケーション」というものです。

販売元:株式会社エニイクリエイティブ(東京都新宿区)
企画・編集:有限会社メディカルマネジメントサービス社(東京都中央区)
価格:税別70000円