M社の医療機器展示会 これまでより多い入場者数

チカタ薬局 医療機器展示会

チカタ薬局では、これまでより多い入場者数で盛況となったM社の医療機器展示会に参加いたしました。

1月31日(日)午前10時から左京区岡崎の「みやこめっせ」で、医薬品卸M社主催の「総合医療フェア2016in京都」が行われ、会場には医療機器を中心とする各社の出展ブースが並んでいました。

出展コーナーの分類を見ると、IT関連機器、画像診断・検査・治療機器、調剤機器、リハビリ関連機器、受付・待合・医療施設関連商品、診療材料・医療衛生材料、検査試薬、医薬品メーカー関連などとなっています。

また、具体的に見ることのできるコーナーとして
1.次世代体験コーナーでは未来の技術を紹介
2.往診用機器コーナーでは往診業務に役立つ手軽で持ち運びに役立つもの
3.薬局ギャラリーでは最新の薬価機器を紹介

このうちY社の散剤調剤ロボットは昨秋発売の新しいもので、調剤関係者の関心を集めていました。一定の会話もできるソフトバンクロボティクスのロボットも目を引いていました。

チカタ薬局 医療機器展示会 ロボット

他には
4.おもてなしコーナーでは癒しのひと時としてアロマハンドマッサージ
5.キッズファーマシーで薬剤師体験ができるコーナー。

キッズファーマシーでは、子供が未来の薬剤師さんを夢見て、白衣を着て薬の代わりにお菓子を使用したり、本物の分包機を使って薬の調合を体験します。このほか、子供さんが楽しめるキッズコーナー、スタンプを集めるスタンプラリーもありました。

同時にセミナーも開催されました。仲野 豊氏の「28年度診療報酬、調剤報酬改定」では今春の制度改定に向けた内容、麻木久仁子氏の「いまを生きることとは」では様々なことを乗り越えてきたこと、さらに新開千恵氏からは「接遇の基本」のお話しがありました。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です