「身近な街の薬局・薬剤師を知ろう」チカタ薬局の薬剤師が講演します

当チカタ薬局の近田厚子管理薬剤師が「身近な街の薬局・薬剤師を知ろう」と題し、2018年7月29日(日)京都市内で講演することになりました。

メインテーマ「薬は両刃の剣―上手に付き合って健康長寿」のもと、公益財団法人「ひと・健康・未来研究財団」が2018年7月29日(日)13時~16時45分、JR京都駅前のメルパルク京都でおこなう「第19回ひと・健康・未来シンポジウム2018京都」で、他の先生方3名とともに、それぞれ専門分野で講演があり、近田薬剤師は街の薬局の薬剤師という立場から「薬局、薬剤師の使い方」を提案させていただくものです。

当日講演される他の先生方は次の通りです。

〇松村 理司先生
(医療法人社団洛和会 総長)
  「上手な足し算と賢明な引き算の医療で健康長寿を手に入れる」

〇橋田 亨先生 
(神戸市立医療センター中央市民病院 院長補佐・薬剤部長)
  「薬の効果と安全をチームで支える最新医療」

〇狭間 研至先生
(日本在宅薬学会理事長・ファルメディコ株式会社代表取締役)
 「ここがポイント 医師が教える「知って得する薬剤師活用法」」

コーディネーター・総合討論司会は
〇乾  賢一先生
(京都薬科大学名誉教授・客員教授、京都大学名誉教授、当財団副理事長)

<ご参考> 昨年の同シンポジウムは11月15日に金沢市で「2017金沢」として、「身体とこころの不思議な関係 「健康」も未来を考える」で行われました。