5年前の薬学実習生 今年の実習生

5年前の薬学実習生

2016年11月16日(水)の午後、かつて当店で薬学部生として実習をしていた卒業生、今では立派な病院薬剤師さんが、突然来訪。嬉しいやら驚きやらで話が弾みました。

彼は平成23年の5月~7月に当時薬学部の5年生で、薬局実習先に当店を選んで11週間実務実習を受けました。その2年後の3月に卒業し、薬剤師国家試験合格の後、京
都を離れて病院薬剤師として立派に勤めておられます。

今では薬剤師4年目として、広く院内の実務をこなしつつ、専門分野でも研鑽を積まれている様子が大いに伝わってきました。

当日は休暇を利用してかつて学生時代を過ごした「京都の秋」を楽しみに入洛。さぞ日々多忙な薬剤師としての任務遂行の傍ら、このように自分の時間を作って行きたいところに行き、そのような貴重な旅程の一部を割いて、わざわざ当店に寄っていただいたことに、感激し大変嬉しく思います。

当店の管理薬剤師はじめ実習時の指導薬剤師も懐かしさとともに、時間も一気に当時に戻ったかのような感覚で、実習当時の懐かしい思い出や、現在の病院薬剤師の最新
の状況など、多岐にわたり話が弾みました。

今年の薬学実習生

薬剤師 薬学実習生
今年度の第1期実習生は5月連休明けから来てもらいました。所定のプログラムに則り、指導薬剤師のもとで11週間を過ごしました。

薬学実習生 レポート作成中
街中にある当店は、地域密着型で、来店される患者さん・お客さんも近所の方が多く、かかりつけ薬局・薬剤師の姿、また、海外からの来店者もありどのようにコミュニケーションをとるか、更に在宅患者さんのところに現役薬剤師に同行し、その対応を傍で見て実務を学べた様です。

薬学部実習生「時間の過ぎるのが速い」と

チカタ薬局 薬学部実習生 実務実習

 今年も1月から3月にかけて、薬学部の実習生がチカタ薬局で実務実習を行いました。

 6年制薬学部生の5年次に病院、薬局でそれぞれ11週づつ実務実習が義務付けられており、当チカタ薬局にもこの制度の発足した平成22年以来、毎年2~3名の薬学部生が実習に来ています。

 薬局内での実務面での実習の他、医薬品卸の流通センター、夜間休日急病診療所、特別養護老人ホームも実際に見学して、目で見て実際の現場を知る貴重な体験をしています。

 更に在宅患者さんのお薬の管理にも現役薬剤師に同行して見学したり、また学校薬剤師に同行し、空気検査など学校で活動する様子を見学しました。

 その実習終了時点で実習生さんに聞きました。

 11週間は感覚的には短かったようで、薬局での薬剤師さんの仕事はお薬を患者さんにお渡しするだけでなく、会話を通じてやりがいを感じたそうです。薬剤師さんは来店された患者さんのお顔とお名前がすぐに一致することにも驚きを感じ、またほとんどのお客さんがお薬手帳を持参されていることにも感心したとのこと。

 特に在宅患者さん宅での薬剤師の活動について、実際に同行し見学できたことは新鮮な思い出になったようです。

 一方、当店が京都三条会商店街の中に位置する地域密着型の薬局であることから、商店街の魅力も少しは知ってもらえたようです。

 最後にこの実習生さんは「将来自分の家族、友達にアドバイスできるような薬剤師になりたい」とその抱負を語っていました。

写真は調剤室で実習をする薬学部実習生さん

チカタ薬局 薬学部実習生 実務実習

薬学実習生2015 第1期の薬局実習が終わる

薬学実習生 薬局実習

今年の第1期薬学生実務実習は5月11日(月)から7月24日(金)までの11週間、当チカタ薬局でもひとりの男子薬学生を迎えました。

6年制薬学部になり、チカタ薬局で薬学実習生を受け入れるようになってから今年で6年目です。5年生時点で病院11週間、薬局11週間の実習を行い、6年生を経て卒業、薬剤師国家試験を受け、薬剤師の資格を得ることになります。

実習を終える最終日に、今回の実習を振り返ってもらい感想を聞きました。おおむね次のようなことです。

● 実習をする前は、薬剤師さんの仕事について知らないことが多かったので、実習することによりそれまで自分で持っていた薬剤師像が一新された。
● 実習を通して、調剤は責任を伴うものだということにあらためて気付いた。
● 街の薬局へ来られるは患者さんとの関わりは大きいように感じた。
● 実習で自分の説明が患者さんに伝わるのかと不安はあった。
● 将来、患者さんから親しみやすく気軽に感じてもらえるな薬剤師になりたい。

薬学実習生 薬局実習

期間中努力を重ね、実習を終えました、毎日緊張の中での実習でしたが、街の薬局ならではのおもしろい所、楽しい所も気が付いてくれたようです。

一昨年春の薬剤師実習生が二人そろって来店

一昨年の薬剤師実習生が来店

チカタ薬局では、薬剤師養成教育の一環として、毎年薬学部の実習生を受け入れて実務実習を行っています。

一昨年の5月から7月にかけてチカタ薬局で薬剤師実務実習の実習を続けた2名の卒業生が、5月2日(土)の夕方、揃って来店してくれました。

すでに就職し、それぞれの道を歩み始め、社会で大いに活躍されているお二人です。

当店店主と、スタートした頃の仕事のこと、今ではちょっと懐かしくなった一昨年の薬剤師実務実習中の想い出など、たいへんにぎやかに、楽しく会話が弾みました。

短い時間とはいえ、忙しい中にもかかわらずチカタ薬局を思い出して、わざわざ店まで寄ってくれたことをたいへんうれしく思いました。

やあ、いらっしゃい! 昨冬の薬学実習生が来てくれました

チカタ薬局 薬剤師実務実習 昨冬の実習生

昨冬の薬剤師実務実習の実習生が3月26日(木)午後5時過ぎにチカタ薬局を訪ねてきてくれました。

彼女は昨年の1月から3月まで、11週間に渡って当薬局で実務実習を続けた薬学部(6年制薬学部)の5年生です。今春の卒業を目前にして、チカタ薬局へあいさつに来てくれました。

1年ぶりにチカタ薬局へ姿を見せてくれた彼女は、すでに4月からの就職先も決まっており、立派に薬剤師としてその使命を果たしてくれそうです。

チカタ薬局 薬剤師実務実習 昨冬の実習生写真は訪ねてきてくれた元実習生(右)と当店店主です。

6年制薬学部卒業生はこの春で4回目となります。調剤と一般薬を扱っている当店にも、これまで10数人の実習生さんが来てくれました。実習期間中は、主にチカタ薬局内で指導薬剤師の指導の下、「実務実習コアカリキュラム」にのっとり薬剤師としての実習を行います。

この冬の薬学部実習生も無事実習を終えました

チカタ薬局 薬学部実習生

チカタ薬局では、薬剤師養成教育の一環として、毎年薬学部の実習生を受け入れて実務実習を行っています。実習期間中は主に当薬局内で指導薬剤師の指導の下「実務実習コアカリキュラム」にのっとり実習を行います。

今年も1月のお正月明けから、薬学部5年生の生徒さんがチカタ薬局へ実務実習に来てくれました。今年の1月はインフルエンザの流行した寒い時期でしたが、実習期間の11週間を乗り切ってくれました。

実習期間中は、このようなお知らせの張り紙をして、実習生へのご理解とご協力をお願いしています。

チカタ薬局 薬剤師養成教育の張り紙

調剤室の中で実習中です。

チカタ薬局 薬剤師実習中

指導薬剤師が横に座り、患者さんへの服薬指導も実習します。

チカタ薬局実務実習 薬剤師指導中

チカタ薬局薬剤師実務実習 記念写真実習最後の日、指導薬剤師や店のスタッフと共に記念写真を撮りました。実習期間の11週間を乗り切ってくれました。

薬学部実習生さんが再訪してくれました

嬉しいことがありました。

暮れも押し詰まった12月30日(火)午後、昨年の薬学部実習生(現在は6回生)の一人が立ち寄ってくれました。

昨年の5月連休明けから、チカタ薬局で薬学部実習生として11週間の実習をしてくれた、明るく元気な薬学部生です(6年制の5回生)。

日頃私たち街の薬局で調剤やOTC販売に携わる現役の薬剤師にとっては、彼女たち薬学部実習生から教えられることの多いのも事実です。

平成27年3月の卒業後の就職先は決まったようですが、3月にある薬剤師の国家試験が終わったらまた訪ねてきてくれることを楽しみに待つことにしました。

チカタ薬局 以前の薬剤師実習生写真はその実習生(左側)と店主です。薬剤師の国家試験が終わったらまた来てくださいね。

薬学部実習生の実務実習

薬学部5年生の学生1名が、2015年1月7日から3月下旬までの11週間、チカタ薬局薬局で実務実習を行います。

実習期間中は主に当薬局内で指導薬剤師の指導の下「実務実習コアカリキュラム」にのっとり実習を行います。

当チカタ薬局には日本薬剤師研修センターの認定を受けた実務実習指導薬剤師が3名います。